1/8
资源3.png

ブランド紹介

TinyFox(深圳市小小狐文化発展有限公司)は2019年に立ち上げた、アニメ系ドールをメインに展開する中国発のドールメーカーです。着せ替えできる機械式関節人形(MJD)を中心とした製品に取り組み、良質な製品を提供しております。

 

人体の構造を模したデザインボティは可動域が広いため、さまざまな動きを容易に表現することができます。加えて、公式ストーリーをベースに発売したフルセットがあります。高品質かつ創作性に富むTinyFoxシリーズは、多くのドールオーナーの美的ニーズを満たすことが可能になります。さらに、素体・頭部のみの販売の行なっており、ドールオーナー好みに合わせて様々なスタイルに変更することができ、数多くのクリエーターを集めました。同ブランドはこれまで、オリジナル/コラボレーションのMJDドールを多数発売しており、今後も様々なサイズやスタイルの新製品を充実させるとともに、国内外のより多くの人気IPと連携し、多くのACGファンに質の高い周辺ドールを迎えるよう頑張ります。

A.jpg
 
 
资源3.png

狐狐神(ここしん)と人形の魔女

世界観

世界は、普通の子狐の夢から生まれたのです。


彼女は、頭を上げて赤い木の実を食べることができる豊かな森で生まれました。 午後の太陽が降り注ぐ丘の上で日向ぼっこをすると、心地よい風が鳥やクジラのささやきを運び、海の向こうには姫騎士や悪い魔女、暗いドラゴンがいるよ、と小鳥が夢の物語をささやきます。子狐は物語を聞きながら眠りにつき、人間、動物とエルフが一緒に暮らす島を夢見て、夢の中の生き物たちはそこをTinyFox町と呼んでいます。

 

目覚めた子狐は夢の世界に思いを馳せ、紙にTinyFox町を描き始めました。町の真ん中には猫又が住む「Teapot Park」。北西から昇る太陽は神社の鳥居を照らします。6時15分に夕暮れが来ると、太陽は南東の「星の海」に落ちます。そこにはフェアリーの国ボルボニアからの水棲生物が住み、町の子供たちは四季アカデミーで学び、普通の日々を過ごしています。

子狐は粘土で最初の住民を作りました。幼い頃の服を見つけては花柄のドレスに縫い、目には竜眼核を、そしてふわふわで柔らかい尾毛を一握りむしって頭巾を編みました。


小狐の掌に横たわる白い人形にキスをすると、人形の頬に緋色が染まり、命を吹き込んだのです。小狐は、ぶどうの箱から最初の部屋を作り、人形と手をつないで眠りにつきました。ずっと遠い未来で、TinyFox町には紫陽花の海と、決して沈まない月があることを、彼らはその時初めて知ったのです。ある秋の夜、流れ星は子ぎつねの願い事を静かに聞き入れてくれました。

これが、TinyFox町最初の物語です。

B.jpg
 
资源3.png

角色一览

 
资源3.png

素体

资源3.png

小狐镇地图

微信图片_20221018142749.jpg
微信图片_20221018142749.jpg
 
资源3.png

相关采访

76c443_b37e770bb7034424a42d2139946ad70c_mv2.png

お手軽な値段で可愛いBJDドール商品を世の中に送り出している新鋭ブランドのTinyFox、日本でもBJDドール愛好家のマニアからも絶大な好評を得ております……