top of page

【ラペオニアインタビュー㊱】『東京深夜少女』第6巻が11月30日に発売!――イラストレーター兼漫画家・もてぃま先生にインタビュー


■Profile

ニックネーム:もてぃま

エックス:@maumauma_maumau

出身:日本

職業:イラストレーター、漫画家











■Art Gallery



――まずはじめに、簡単な自己紹介をお願いします!


「もてぃまと申します。イラストや漫画を描いております。女の子のイラストを描くのが好きです」



――絵を描き始めたのはいつ頃からでしょうか?また、美術系の学校などに通ったことはありますか?


「小さい頃から絵を描くのは好きでした。中学生くらいの頃にもっと絵についてたくさん勉強したいと思い、美術大学に進学しました」


――これまでに参加した商業プロジェクト、及びビジネス活動歴について教えてください。


「現在、サイコミ様にて『東京深夜少女』というフルカラー漫画を連載させていただいております。また、イラストのお仕事もさせていただいておりましてMV用のイラストやCDジャケット、グッズのイラストなども描かせていただいております」

――現在『東京深夜少女』を連載中とのことで、漫画はいつ頃から描き始めたのでしょうか?


「小学生くらいの頃に当時好きだった少女漫画を真似して描いていた記憶はありますが、ちゃんと描いたのは大学生の時だったと思います」


「当時、周りで漫画を描いている子が多くて、自分も描いてみたいと思って仕上げた漫画が周りの友人達からの評判がよくて嬉しかったのをよく覚えています。本当に最初はなんとなく描き始めただけだったので、まさか自分が漫画連載をするなんて思ってもいませんでした」


――そうだったのですね。それでは、創作をする上でのテーマやお好きなモチーフをお聞かせください。


「やっぱりかわいいものが好きです。そのかわいいが人物であったり小物であったり色合いであったり…といろいろではあるのですが、いつも絶対かわいく仕上げよう、と思って絵を描いております」



「また、少し暗くて不穏で怖いものも好きなので、そういったものも散りばめられていたらいいな…と思います」


――また初期の方に描かれた漫画がありましたらご紹介ください。


「下手でお恥ずかしいのですが…大学生の頃に描いた短いホラー百合漫画です」


――現在に至るまで、ご自身の嗜好に影響を与えた作品や好きなジャンルをお聞かせください。


「一番影響を受けたのは幾原邦彦監督の作品で、とくに好きな作品は『輪るピングドラム』や『少女革命ウテナ』です。漫画だと羽海野チカ先生、萩尾望都先生、市川春子先生、今日マチ子先生の作品がとくに好きです。ほかにも、ホラー映画や後味の悪い作品も好きです。まだまだ好きな作品はたくさんあります」


――ご自身が今まで描いた作品の中で1番印象深い作品は何ですか?


「やっぱり、『東京深夜少女』ですね。はじめての週刊連載ということもあり、現在進行形で緊張感を持って描かせていただいております」


※右の矢印をタップしたらスクロールできます!

「東京深夜少女」©️motima/Cygames, Inc.


「連載が始まってから時間は経ちましたが、うまく描けないことも多く、試行錯誤しながら原稿を描かせていただいております」


――今後、挑戦してみたいことはなんでしょうか?また、何か告知がありましたらぜひ!


「やったことがないことに挑戦してみたいです。衣装など考えるのが好きなので、キャラクターデザインにも挑戦してみたいです。また、いろんな女の子がたくさん出てくる漫画を描きたいです」


「今は発表できることは少ないのですが、今後もグッズやイラストなどたくさん発表できるかと思うので、これからも見ていただけたら嬉しいです」


――インタビューありがとうございます! 最後にファンに一言お願いします!


「いつもイラストや漫画を見ていただきありがとうございます。今後とも精進して参りますので、見守っていただけたら幸いです。もっともっとたくさんかわいいイラストや漫画など描いていきたいです。よろしくお願いします!」


 

■ライタープロフィール

ニックネーム:笹本千尋 -sasamoto chihiro-

出身地:日本・東京都

ツイッター:@tiam_00

自己紹介:2021年に日本大学芸術学部文芸学科を卒業後フリーでライターをしております。


現在は「アニメイトタイムズ」「クウネル・サロン(マガジンハウス社)」「リアルサウンド」などで活動中。




 

ラ・ペオニア運営会社の株式会社ジニヤズでは、若手クリエーターたちの作品や発想、活動をインタビューを通して世界中の多くの人々に伝えることを応援しております。


多言語(日中英)翻訳と情報発信のサポート、ビジネスチャンスのクロージング斡旋も行っております。インタビューや業務提携などのご希望がある方は、お気軽に「お問い合わせ」までご連絡くださいませ。

コメント


bottom of page