top of page

中国で「天才少女」と言われる次世代アーティストChloe Chen(クロエ・チェン)の日本初展示『NOWHERE』が原宿のSOMSOC GALLERYにおいて5月19日(金)から開催決定

研美株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役:厳研)が運営するSOMSOC GALLERY(ソムソクギャラリー)は中国の新時代を牽引するアーティスト、Chloe Chen(クロエ・チェン)による日本初展示『NOWHERE』が開催されることを発表いたします。展示期間は5/19(金) から5/28(日)まで。中国、ひいては世界のアートシーンをこれから牽引していくクロエ・チェンの貴重な原画、立体、大型作品を一挙公開展示いたします。

▼展示概要

展示名称:『NOWHERE』

主催:SOMSOC GALLERY

開催期間:5/19(金) – 5/28(日)

開館時間:13:00 – 19:00(月曜休館)

開催場所:SOMSOC GALLERY

住所:東京都渋谷区神宮前3-22-11

HP:https://somsoc.jp


▼作家紹介

Chloe Chen(クロエ・チェン)、女性、本名は陳嫣冉。2005年中国北京生まれ。上海・北京在住。



21世紀に生まれたクロエ・チェンの作品は、自己の内面を繊細に捉え、成長過程で感じた内なる声からインスピレーションを得ている。作家は3歳の時から創作を開始し、当時から中国では「天才少女」と言われていた。13歳の時にイラストレーターとしての活動を本格的に開始し、14歳の時にストップモーションアニメーションとモデリングを学ぶためにロードアイランドに、16歳の時に漫画を学ぶために来日した。また、日本のホラー漫画や、フランスの実験映画などから得た豊富な知識と感性を生かし創作に取り入れている。イタリアのモレスキンや、フランスのバレンシアガなどのブランドのデザインを手掛けるなど、国際的ブランドとのコラボレーションも行っている。また、インスタグラムや”中国版ツイッター”weiboでは多くのファンから支持されている。

クロエは幼少期から芸術作品を鑑賞したり理論を濫読したりするだけでなく、楳図かずお、駕籠真太郎、丸尾末広といった日本のホラー漫画作品が持つ独特なミステリー感、フランスの実験映画からも多大な影響を受けている。また、クロエは子供の頃から回転するものに敏感で、回転する歯車、時計、フクロウは作家の創作において重要な概念になっている。

クロエの作品『Vertigo』の歪んだ抽象的な目は、サルバドール・ダリのシュルレアリスム絵画の溶ける時計へのオマージュであり、ダイナミックな恐怖の渦はムンクの『叫び』を思い起こさせる。クロエの描く作品は、彼女が大事にするコンセプトと、膨大なアートに対する知識に立脚した先人たちへのリスペクトに満ちている。


「何も見たくない。何も感じたくない。何も思い出したくない」----- Chloe Chen


クロエの作品の最大の特徴は、作家自身がよく見るという悪夢、自分の成長に伴う不安と恐怖、他者との間で揺れ動くアイデンティティを暗い画面に落とし込みながらも、絶妙な「あたたかみ」を感じさせる点にある。一見矛盾を感じるかもしれないが、作家が作品上で恐怖や不安などの“寒さ”を突き詰めながらも、最後には美しい温かみが作品にもたらされる。本展示のメインビジュアルでもある『Nowhere』にも見られるように、作家が「何も見たくない、感じたくない」と一種のニヒリズムを突き詰め、作品に落とし込んでいけば行くほど、彼女の見たもの、感じたものが我々にある種の安らぎと温かみを与えてくれる。


本展示では、このようなクロエ・チェンの「まさに今」を東京原宿のSOMSOC GALLERYで公開する。「Nowhere to Go」というクロエがこれからどこに行くのか、目が離せない。

 

関連記事:静電場朔×空顔(ソラカオ)ネコを被る少女アートフィギュアが登場!作者のアーティスト:静電場朔氏に誕生秘話も聞いてみた!!

【テレパインタビュー㉞】伝統と常識に縛られない国際色豊かなマルチアーティスト! ワールドワイドに活躍中の静電場朔先生に創作の裏側を伺いました!

【テレパインタビュー㉞】伝統と常識に縛られない国際色豊かなマルチアーティスト! ワールドワイドに活躍中の静電場朔先生に創作の裏側を伺いました!続編

bottom of page