top of page

【ラペオニアイベントレポート⑤】東日本最大級!あらゆるジャンルのゴシック、ロリータ愛好家が集結!! 第8回「Gothic and Lolita Market」イベントレポート

2023年4月8日(土)、原宿「WITH HARAJUKU HALL」で第8回Gothic and Lolita Market(以下GLM)が開催されました。


現在ロリータファッションキュレーターとして活動している山田さんが、日本発祥のロリータ文化をもっと盛り上げたいという想いから企画したこのイベント。

2019年4月6日の第1回開催から回を重ね、第8回目の開催となった今回も100以上のブランドが出展、ロリータファッションのイベントとしては関東最大規模となっており、1,000人以上のゴシック、ロリータ愛好家が参加しました。

出展ブランドによる作品の直接販売だけでなく、来場して出展が難しいブランドには委託販売ブースも設けられており、普段なかなか手に取る機会が無いブランドの作品を見られる点も要チェックです。

また、会場ではプロカメラマンによるスナップ撮影ブースも設けられており、こちらも人気企画となっています。

ラペオニアでは可愛いが溢れる夢のイベント当日の盛り上がり、注目ブランドのレポートをお届けします。


イベント開催の4月8日(土)、曇り空ながら過ごしやすい気温でロリータファッションの装いにはちょうど良い気候となりました。開場時間の12時前には多くの参加者が待機列を作り、ロリータファンの熱気が伝わってきます。

参加者の装いも甘ロリ、クラシック、ゴシックと様々なコーディネートのロリータファッションが集結していて壮観の一言。


いよいよ開場、会場の混雑を防ぐため1部、2部、3部の3部構成とし、入場者数に上限を設けています。

会場に入るとまず目に入るのが委託販売ブース。普段はなかなか手にする事が出来ないブランドも多く、注目度も高い様子。多くのお客さんで賑わっていました。

可愛い小物がずらり。


次は委託販売ブースエリアから出展ブランドが直接作品の販売をしている即売会ブースエリアの様子をお届けします。

開場してすぐに会場内は多くの参加者で埋め尽くされました。

お気に入りの作品を探すだけでなく、出展ブランドと参加者が直接交流できるのも「GLM」の魅力となっており、会場では作品へのこだわりやロリータ談義に花が咲くシーンも見られました。


ここからは会場で気になったブランドさんをご紹介します。


AliceGarden(公式Twitter:@AliceUsamajo

動物モチーフのネックレス可愛い「AliceGarden」さん。型作成から成形、完成まで全て手作りで、デザインによっては1ヶ月かかるものも。素材にはウレタンを使用して軽量化を実現、見た目の可愛さだけでなく身につける時の使い勝手の良さにもこだわっています。


アトリエベアトリーチェ(公式HP:https://atelierbeatrice.crayonsite.com

独特のデザインで精密に制作された黒と白基調の様々なアクセサリーが目を惹く「アトリエベアトリーチェ」さん。

今回のおすすめ新作は蝶モチーフのリボンアクセサリー、クリップ式になっていてどんな場所にもつけられるのも嬉しいポイント。

羊モチーフヘッドドレスの角部分は全て手で巻いているという力の入り様で完成度の高さも注目です。


Canette.*カネット(公式Twitter:@Canette_monde

月や星をモチーフにしたボタンと木のビーズに刺繍糸を巻きつけた巻き玉を組み合わせたアクセサリーが可愛くておしゃれな「Canette.*」さん。

ネックレスはチェーン部分に伸縮性の無いゴムチェーンを使用し、金属アレルギーの人でも付けられる仕様になっています。


Dreaming Drop(公式HP:https://d-drop.b-smile.jp

シックな色使いと歯車モチーフイラストの組み合わせが美しい衣装を販売している「Dreaming Drop」さん。両脇に入ったアクセントカラーの編み紐でウエストラインがすっきりとして見えるシルエットの綺麗さもポイントです。

他にも無地のジャケットと裾の広がりが美しいスカートのセットアップ衣装などもあり、公式HPでは通販の情報も掲載されているのでそちらも注目です。


filfilohilo(公式Twitter:@filfilo_make

透明感のあるクロスに様々なモチーフをあしらったアクセサリーが印象的な「filfilohilo」さん。

カラーバリーションも豊富でどんな衣装にも合わせられる一品が見つかる事間違いなしです。


GOTHIC HOLIC(公式HP:https://gothicholic.com

ケモ耳や蝶々をモチーフにしたクリップなどヘアアクセ関連のバリエーションが豊富な「GOTHIC HOLIC」さん。

今イベントの注目の新作はきのこをあしらったジオラマ風のアクセサリーで、見ていく参加者の反応もネタ受け的なものも含め上々とのこと。

HEXENHAUS(公式Twitter:@hexenhaus_

スイーツモチーフのアクセサリーがとにかく可愛くて楽しい「HEXENHAUS」さん。本物と見紛うクオリティの高さと絶妙な色付けはもはや芸術の域に達しています。くまさんクッキーからケーキ、マカロンとバリエーションも豊富でお気に入りの一品を探すのも楽しいブランドです。


InEden(@net_eden)

定番のリボンの他、動物や人形の顔をあしらったブローチが印象的な「InEden」さん。中国出身で日本在住12年になる出展者の吉倉さんにお話をお聞きしたところ、日本のロリータファッションは中国でも人気が高いとのこと。取材中にも中国人のお客さんが立ち寄っていて、海を超えたロリータファッションの広がりを実感します。


Michael&Lisette(公式HP:michaellisette.square.site

小さな化粧棚に整然と陳列された可愛いミニチュアのティーカップが目を惹く「Michael&Lisette」さん。一つ一つデザインや配色が違っていて驚きの精密さ。ティーカップの他スプーン&フォークやバラモチーフのピアスも上品な可愛さがあり注目です。


MICHAEL3(公式Twitter:@michael3acce3

カラフルでキャッチーなアジアンテイスト小物が楽しい「MICHAEL3」さん。短い髪でも着けられるヘアアクセサリーを探求するうちに今のテイストに行き着いたとのこと。ブースではぬいぐるみに着せられる衣装や、着物をリメイクした衣装も販売していました。


MORPHO(公式Instagram:@morpho_hh

普段使いできるロリータファッションをコンセプトにパンクや平成感を意識した衣装を提案している「MORPHO」さん。学業の傍1人でスタートし、その後メンバーを集め現在は5人で衣装制作しているという新進気鋭のブランドです。販売は受注生産で発送まで1ヶ月〜1ヶ月半かかりますが、サイズや衣装アレンジの要望にも対応してくれるので自分だけの1着を手に入れられるのもおすすめポイントです。


yuka uchiyama(公式Instagram:@u.black02

黒基調でハード目なゴシックテイストが目を惹く「yuka uchiyama」さん。黒基調ながら複数の素材を組み合わせ上品な質感を演出しているところにセンスを感じさせます。ハーネス部分まで手編みにするこだわりぶりで1点1点のクオリティの高さは必見です。


シュエット(公式Twitter:@chouette_hatter

様々なモチーフのリボンをあしらった天然草のハットが可愛い「シュエット」さん。ハットも複数カラーあり、リボンとの組み合わせのバリエーションも多いのでお気に入りの衣装に合わせられる一品が見つけられそうです。帽子の内側にはピンが付いていて髪に留めることが出来る仕様も着用者への心配りを感じさせてくれます。


薫乃園(公式Twitter:@kaorukogreen

クラシカルを意識した普段使いできるコスチュームジュエリーの制作をしている「薫乃園」さん。

2022年10月のGLMに引き続いての出展ですが、販売品は全て新作という気合の入り様。中でもヘッドドレスの「紅い玉座」は出展者一押しの力作との事。

自ブランドを纏ったデザイナーの美しいコーディネートも注目です。


幻装王国(公式Twitter:@Gensou_Oukoku

ファッションとしてのマントを提案する「幻装王国」さん。コスプレアイテムのイメージが強いマントですが、ロリータファッションでも活躍の場面が広がりそうな素敵なデザインバリエーションが魅力です。


ここまで魅力的な出展ブランドをご紹介して来ましたが、参加者も好きなドレスコードで来場できるのも「GLM」の魅力となっています。

イベントには人気モデルでコスプレイヤー、漫画家、プロ雀士とマルチに活躍する赤木クロさんも一般参加者として来場。自身も大のロリータファッションファンである赤木クロさんですが、「GLM」は個性的な個人ブランドのオリジナルデザインに出会うことが出来る貴重なイベントとして毎回楽しんで参加しているとの事。

ここで会場で特別に撮影させてもらった赤木クロさんのスナップをお届けします。


ドールを思わせる端正な顔立ちに黒赤配色の衣装が似合う赤木クロ(Twitter:@akagikuroさんの素敵なコーディネートをご覧下さい。


参加者、出展者にとって開催されることが当たり前になっている当イベントですが、もちろん最初から出来上がっていたわけではありません。

多くのファンを集める「GLM」の魅力を探るべく、編集部ではイベントを主催する山田さんにインタビューを実施。

ここからは山田さんのロリータファッションや「GLM」への想いが詰まったインタビュー記事をお届けします。


───改めてイベントの成功おめでとうございます。まずは山田さんの経歴をお教えください


「高校在学中にロリータファッションに興味を持ちました。国士舘大学経営学部経営学科マーケティング先行に入学し、在学中の2018年1回目のGothic and Lolita Marketを企画しました。

卒業後、広告代理店に就職、その後1年で退職、独立し現在個人事業主として活動中です。

近々法人化も予定しています。」

山田さんのHPはこちら:https://nanakoyamada.themedia.jp


───ロリータファッションとの出会いと、ハマったきっかけはどの様なものでしたか?


「高校生時代部活帰りに寄ったコンビニで雑誌を立ち読みしていた時、たまたまロリータブランドの広告ページを見たのが出会いでした。

それまで、休日でも部活の練習着で過ごし、日に焼け、髪も短かったので男の子と間違えられるほどファッションには無頓着な人間でした。

しかし、「Ameba」や「ニコッとタウン」、アバターの着せ替え機能があるwebサービスは片っ端から登録しては自分好みのかわいいファッションに身を包んだアバターを作り上げる趣味がありました。それがこの雑誌と出会った時、「ロリータファッション」という実際に存在するファッションの名前なんだ!ということを知り、とにかく調べて調べて、着ても恥ずかしくない見た目になる為に試行錯誤、お金を貯めて、、、一気にのめり込みました。」


───今のおしゃれな山田さんからは想像ができない高校時代ですね(笑)

一ファンから実際にこのようなイベントを主催する事の間には大きなハードルがあるように思いますが、敢えてチャレンジした動機はどのようなものでしょうか?


「大学1年生の時に予算的な意味でも、勇気的な意味でもやっと外にロリータファッションを着ていけるようになり、「アラモードマーケット」というロリータ系のブランドの展示即売会イベントにうきうきした気持ちで参加していました。

しかし、私が参加しはじめて早々に終了することが決定してしまいました。

このままではお買い物の場やロリータさん同士での交流の場がなくなってしまう!と悲しくなると同時に焦りが…。

誰かを待っていてはいつになるかわからないということで、お金も業界の友達もそういう経験も何もありませんでしたがチャレンジすることにしました。」


───山田さんの行動力に脱帽です。私自身は今回含め3回目の参加ですが、回を追うごとに参加者が増え活気が増している事を実感しています。ここまでのイベントにするには並々ならぬ苦労もあったかと思いますがこれまでの運営で特に苦労された事は何ですか?


「これまでで特に苦労したのは、初回開催時の出展者集めです。

まだ学生でビジネスメールも見様見真似な上、この業界の人との繋がり0の状態からのお声掛け。なかなか上手くいかず、会場を抑えたのに開催に至れなかった幻の一回目開催はこれまでの人生で1番と言っていいほど苦労しましたし落ち込みました。

今は、法人化及び新規事業に向けた資金調達に苦労しています、、、、!笑」


───その挫折を乗り越えて今があると。法人化と新規事業を計画しているとの事ですが、ゴスロリマーケットやご自身の活動について今後のご展望をお聞かせください


「全盛期は2000年代初期なんて言われたりすることもありますが、今着実に若年層のロリータちゃんが増えてきています!

現在有名な業界のメディアがない為、どんなブランドがあるか、どこで買い物ができるか知らないロリータ初心者が多いことを課題に感じている為、その辺で力になりたいなと考えています。

また、現在日本国外に住んでいるユーザーが買い物できる正規サイトは少なく、現状はショッピング代行や数少ないセレクトショップから購入することでしか購入できないブランドが多く存在します。海外でのイベントを経て、こんなにもロリータ愛を強くいだいている海外のロリータさん達にまだ情報すら届けられていない日本の素敵なブランドが沢山あるのがもったいないと感じ、海外→日本、日本→海外の販路開拓にも力を入れていきたいと思っています。」


───最後にロリータファッションファン、この記事を読んでくれている読者の皆さんへ一言お願いします


「昔のロリータさんが沢山居た時代に産まれたかったな、、、とは私も思うことがありますが、今の時代だからこその着こなしや楽しみ方が沢山あると思います!

これからのロリータファッション新時代、みんなで作っていきましょう♪」


エネルギーに満ちた力強い目が印象的な山田さん。イベントに足を運び、インタビューを実施した筆者としても彼女が今後どのようにロリータファッション界を盛り上げて行くのか、その活動に期待せずにはいられない。


山田さんが主催する「Gothic and Lolita Market」は年2回開催。次回開催日程は未定(記事執筆時点)なので、気になる読者さんは公式HPをご確認下さい。


 

■ライタープロフィール

ニックネーム:tama

出身地:日本・愛媛県

自己紹介:フリーランスWEBライター兼カメラマン。

中華ロリータファッション、コスプレ撮影、東方Projectが大好き。華ロリの魅力を伝えるべく日々情報発信しています。



 

"ゴシック&ロリータを愛する全ての人"が集う場所を、今一度原宿に作りたい。

そうした願いからロリータファッションキュレーターの山田さんが立ち上げたイベント。

100以上のブランドと500人以上のゴシック、ロリータ愛好家が集う東日本最大級のイベントとなっている。


 


Comments


bottom of page