top of page

【ラペオニアインタビュー⑩】ゆるいファンタジー!? 日常の風景に溶け込む“天使”の女の子たち。デザイナー兼イラストレーター・きむらあんさいさんにインタビュー!



■Profile

ニックネーム:きむらあんさい

ツイッター:@ansai51452

出身地:日本

職業:デザイナー、イラストレーター












■Art Gallery



───まずはじめに、簡単な自己紹介をお願いします!


「きむらあんさいです。普段はデザイナーをしながら、イラストレーターとしても活動しています」


───絵を描き始めたのはいつ頃からでしょうか?また、美術系の学校などに通ったことはありますか?


「小さい頃から絵を描くのが好きで、保育園に通っている頃からよく絵を描いていました。コミックイラスト科の専門学校に通っていました」



───現在に至るまで、ご自身の嗜好に影響を与えたものをお聞かせください


「小さい頃からハムスターや犬など小さな動物が好きでゲーム『ハムスター倶楽部』の影響で動物ばかり描いていていました。あとは『カードキャプターさくら』『電脳コイル』も好きです。アーティストの「Perfume」も大好きなのでよく3人組も描いています」


───絵を描く上でモチーフにしているものはなんですか?


「結構昔から“天使”を描いています。前は女の子を描いていて…基本的には日常に馴染むような絵を描いていたのですがそこに不自然さを出したいなと思って“天使”を描き始めました。ゆるいファンタジーが好きなので、ただ日常を描くよりは変わった登場人物を描いた方が面白いかな〜と」



「普通に女の子描いているだけだと、ただ「可愛い女の子がいる」で終わってしまうんですけど「なんでここに天使がいるんだろうな」と思って欲しいです」


───また、ご自身が今まで描いた作品の中で1番印象深い作品は何ですか?そう感じたエピソードも併せてお聞かせください


「ふるかたちというタイトルの作品です」



「今描いている絵柄やモチーフ(浮遊感や少し不思議なモチーフ)の基礎となる絵だと思っています。自分でもこれはいい絵ができたと当時思っていましたし今も大好きな作品です。この作品からお仕事のお声がけをいただけることも増えました」


───「Kawaii to walk」シリーズでは撮影した写真に自身のイラストを描き加えているとのことですが、いくつかお見せいただけますか?


▲実際の写真とイラストを加えた作品


「散歩するのが好きで、ここを撮影して絵にしたら面白いだろうな〜とiphoneで探しながら歩いています」


───先日のジオラマカフェ@西池袋にて開催されていた個展「てんてんてんし」について、開催していかがでしたでしょうか?


「カフェでの展示ははじめてでしたが、自分のことを知らない人にも作品を知ってもらえるきっかけになったのがよかったなと思います。またアットホームな雰囲気の中で展示をしたいなと思いました。コラボメニューも好評で嬉しかったです」



───これまでに参加した商業プロジェクト、及びビジネス活動歴について教えてください


「MVイラストやアニメーション 奥華子さん『鞄の中のやきもち』、サノカモメさん「colorful」、

キットカット「きっかけストーリー」キャンペーンイラスト、ベネッセ冊子扉絵、『ILLUSTRATION 2022』掲載など」


▲奥華子さん『鞄の中のやきもち』


「デザイナーとしてもWEBやプロダクトなど幅広く携わっています。詳しくはポートフォリオサイトをみていただければと思います」


───今後、挑戦してみたいことはなんでしょうか?また、何か告知がありましたらぜひ!


「デザインもできるので今後は平面だけでなく体験を含めた、かわいいを突き詰めたアートディレクションもやっていけたらいいなと思います。設定だけたまっていっているので漫画も描きたいです。あと、5月のコミティアに参加しますのでよろしくお願いします」


───インタビューありがとうございます! 最後にファンに一言お願いします!


「いつも作品をみていただいてありがとうございます。これからも「かわいい」を突き詰めて行きたいので引き続き応援よろしくお願いします。一生かわいいを突き詰めていきます」

 

■ライタープロフィール

ニックネーム:sasamoto chihiro

出身地:日本・東京都

ツイッター:@tiam_00

自己紹介:2021年に日本大学芸術学部文芸学科を卒業後フリーでライターをしております。


アニメ文化とアンティーク雑貨と絵を見ることが好きで、物語だと西洋ファンタジーやバトル系、耽美さを含んでいるものが好き。おすすめされたらオールジャンルなんでも見ます。


現在は「アニメイトタイムズ」「クウネル・サロン(マガジンハウス社)」などで活動中。


 

ラ・ペオニア運営会社の株式会社ジニヤズでは、若手クリエーターたちの作品や発想、活動をインタビューを通して世界中の多くの人々に伝えることを応援しております。


多言語(日中英)翻訳と情報発信のサポート、ビジネスチャンスのクロージング斡旋も行っております。インタビューや業務提携などのご希望がある方は、お気軽に「お問い合わせ」までご連絡くださいませ。


Comments


bottom of page