• ラ・ペオニア編集部

SOMSOC Gallery ハロウィンパーティー!【10/29 - 10/30】

10月29日(土)、30日(日)東京原宿SOMSOC Galleryにおいて特別ゲストを招きハロウィンパーティーを行います。


29日(土)は米原康正によるスナックよね(ハロウィンバージョン)。30日(日)はDJ TobyによるスペシャルDJパーティー。音楽とお酒とアートで最高の夜を演出します。お気に入りの扮装やコスプレで特別なトリック・オア・トリートを楽しみましょう!来てくれても、来てくれなくてもイタズラしちゃうぞ〜!


日時:10月29日(土)17:00〜、30日(日) 17:00〜

会場: SOMSOC Gallery

入場:無料(どなたでも参加できますが、ワンドリンクオーダーをお願いします)

住所: 東京都渋谷区神宮前3-22-11

電話: 03-6384-5733

アクセス: 地下鉄明治神宮前駅徒歩7分


【 米原康正 / YASUMASA YONEHARA 】@yone69harajuku

東京ストリートな女子文化から影響を受けたその作品は、雑誌などメディアの形をして表現されることが多く、90年代以降の女子アンダーグランドカルチャーの扇動者でもある。編集者、アーティスト、キュレーター、DJなどさまざまな顔を持ち、Numero TOKYOでは多岐にわたる米原康正の活動が30ページで特集された。中国のSNS、ウェイボで280万人のフォロワーを持つ。


【Toby (iyasync)】@toby_izui

1992年、ベルリンの伝説のストリートフェスティバル「Love Parade」に日本人として初めて参加。日本のテクノシーン黎明期からドイツのテクノシーンをいち早く日本に紹介してきたテクノ外交官。またテクノの聖地と呼ばれた伝説のクラブ、MANIAC LOVE(東京)のレジデントDJであり、フランクフルトのOMEN、ベルリンのTRESOR、WIRE、RISING SUN ROCK FESTIVAL等、国内外のクラブ、大型フェスティバルでプレイ経験を持つ。


 

関連記事:

静電場朔×空顔(ソラカオ)ネコを被る少女アートフィギュアが登場!作者のアーティスト:静電場朔氏に誕生秘話も聞いてみた!!

【テレパインタビュー㉞】伝統と常識に縛られない国際色豊かなマルチアーティスト! ワールドワイドに活躍中の静電場朔先生に創作の裏側を伺いました!(上)

静電場朔×空顔(ソラカオ)ネコを被る少女(Girl in Cat)アートフィギュアは、ホビーテレパオンラインショップにて数量限定で予約販売中!アーティストコラボのレア商品なので、ご興味をお持ちの方はぜひ検討してみてください!


閲覧数:4回