• ラ・ペオニア編集部

【ラペオニアインタビュー① (後篇)】理想はアジアの伝統宝石文化と国際色デザインコンセプトの融合!!デザイナージュエリーブランド「Luush」の代表、Bella鄭氏にインタビューをしました!

前篇:【ラペオニアインタビュー① (前篇)】理想はアジアの伝統宝石文化と国際色デザインコンセプトの融合!!デザイナージュエリーブランド「Luush」の代表、Bella鄭氏にインタビューをしました!



──── 「Luush」は、どのような経緯で誕生したのでしょうか?


「そもそも私自身、幼い頃から中国の宝石文化の脈絡のひとつである「海派宝石」の文化に影響を受け、伝統的な宝石のデザインについてもっと学びたいという思いがあったのです。高校時代にイギリスに留学した後、ファッション・デザインの勉強を始めました。そして、有名ブランドで経験を積み、いろいろ学んだ後、伝統的な宝石を現代的なデザインに融合させる試みを始めました。

最初はなかなか上手くいきませんでした。伝統的な宝石と新しいデザインを組み合わせることは、大きな挑戦でした。翡翠の素材は研磨の際に掴みにくいため、1つ1つの石をデザイン性の高い形に磨き上げることは、匠の技が試されます。数え切れないほどの試行錯誤とコミュニケーションを重ねながら、少しずつ今の姿に仕上げていきました。


こうした試行錯誤の中から「Luush」というブランドが誕生したのです」



──── 「Luush」というブランド名の意味についてお聞かせください

「親会社の「禄懿(ろくい)文化」という名前から由来しております。


私は昔から幸運や希望を表す「禄」という漢字が好きなんです。この"Lu"(編集部注:「禄」の中国語発音が"Lu")と英語の "Rush"を組み合わせると、幸運と希望がすぐに訪れてくるという私どもの思いが伝わります。

中国では友人や家族に平安お守りとして翡翠のジュエリーを贈りますが、お客様にご多幸をお届けできればという想いも込めております」



──── 創作活動に関連する興味や習慣、どのようにインスピレーションを得ているのかを教えてください


まず、歩いていてインスピレーションを受けたものを写真に撮るのが好きなんです。また、友人と展覧会やショーを見に行くことも、心の幅を広げる方法のひとつです。

個人的に、インスピレーションは、他の人の人生を知ることから生まれると思います。さまざまな人の人生の苦しみ、悲しみ、無意識の優しさ、ささやかな幸せなどの話を聞くことで、自分の作品のアイデアが頭の中に浮かんでくるのです。


あと、たまに自分を空っぽにするのも好きです。そうすることで、五感がより敏感になり、普段の生活では気づかないようなことも感じられるようになるのです。特に夜、寝る前になると、いろいろなインスピレーションが湧いてくるんです」



──── 素材の選定やデザインについて、クオリティの自社基準などはありますか?


「私たちは常に、ヒスイやメノウなどの天然素材や伝統的な素材を使用しています。なぜなら伝統的な石には常に美しい寓意(編集部注:ある意味を直接表さず別の物事に託して表すこと)が込められているからです。この美しさは、絆だけでなく、人間の感情の継続でもあるのです。

同時に、伝統的な宝石と現代的なデザインを融合させるという考え方も、私たちのデザインに取り入れています。これからも大胆でありながらストーリー性のあるデザインに挑戦していきます」



──── 今後、日本関連の宝石コレクションをデザインする予定はありますか?


「ブランド設立当初は、アジアの伝統的な宝石文化を世界に発信し、この美しさを多くの人に知ってもらいたいと考えていました。そのため、インスピレーションがあれば、新しいコレクションのデザインに日本の要素を取り入れることになると思います



────日本のACG文化やアート創作に対するご意見をお聞かせください。好きなクリエイター、尊敬しているクリエイターはいますか?


私は普段、ACGの作品より日本のアーティストやデザイナーの作品を比較的多く見ています。なぜなら、アニメや映画、ゲームを見るにはちょっと時間がかかるし、優秀なデザイナー作品の閲覧などに、より感情移入をしがちだからです。


日本のデザイナーの中では、服飾デザイナーのノワール ケイ ニノミヤさんの作品がとても好きです。 彼のデザインは、衣料用生地の伝統的な裁断方法を打ち破るものです。具体的にいえば、彼はサステナブルで革新的な手法で未使用の素材を組み合わせ、ユニークな服飾芸術を創作しています。


ノワール ケイ ニノミヤさんの作品は、私の大学時代のデザインに深い影響を与えてきたのです



──── ブランドマネージャーとなった今、様々な作品に登場するキャラクターやアイテムをブランドとして解釈し創作することに関心はありますか? もしあればアイデアの一端を教えてください


「大学時代、同級生の間で日本のアニメ『NARUTO -ナルト-』を見るのが流行っていたんです。その中の登場人物・オビトのマスクなど、『NARUTO -ナルト-』の中のアクセサリーをファッションデザインと組み合わせるというアイデアはありました。例えばメタルとフラワーアートで「花びらの渦」を表現してみようというものです。ちょっと言葉ではうまく表現できないので、ぜひ自由に想像してくださいね(笑)」



──── 日本の文化に共鳴するところを教えてください


「私とLuushのデザイナーチームは、昔からずっと日本の文化である匠の精神を尊重しています。日本の文化では、物事の究極の探求は自分自身の価値観を追求することだと考えていますね。私たちもこの理念を継承し、より意義のある作品を作っていきたいと考えています」



──── 日本市場での展開についてお聞かせください。また、一緒に仕事をしてみたい日本のアーティストやデザイナーはいますか?


「Luushの他のデザイナーと私は、日本のデザイナーやアーティストがとても好きで、学生時代からよく影響を受けていました。機会があれば、日本のバイイングハウスやデザイナー、アーティストとのコラボレーションを行いたいと考えています。


私たちは日本の文化を学んで日本のマーケットに適応している最中ですが、日本の皆さんが本当に求めているアクセサリーは一体何なのか、これからもっと探っていこうと思っています。


また、個人的には草間彌生さんの作品が大好きです。今後、共同でデザインに取り組むチャンスがあれば嬉しいなぁと考えています(笑)」



──── 現在人気のあるコラボ企画をやってみたいとは思いませんか? やるとしたら、どのようなIPやコンテンツに興味がありますか?

「はい、ぜひやってみたいと思っています。共同のコラボレーションは、クロスボーダーの大きなきっかけになるでしょう。私たちは風格にとらわれず、デジタル、伝統工芸、絵画のアーティストとの連携に非常に興味があります。ブランドのコラボを通じて、伝統を打破し、消費者に何かをもたらす新しい商品と視覚表現を創造していきたいと考えています」



──── 海外、特に日本から気になるジュエリーブランドはありますか?


「日本のGoro'sは、私たちデザイナーが大好きなブランドなんです。伝統的なものづくりを追求する創業者の職人気質と、本物のインスピレーションを得るために原始的な生活を体験する情熱は、私たちデザイナーが学ぶべき資質だと思います」



──── Luushの今後の抱負をお聞かせください。世間にどのような印象を与えたいですか?


「Luushは、消費者とコミュニケーションするブランドでありたいと思っています。私たちのビジョンやオリジナリティに忠実でありながら、より多くの人がジュエリーに何を求めているのか、ぜひ聞いてみたいと思っています。そして、Luushのジュエリーを身につけた人が、私たちがデザインに込めた美しい感情を感じ、より良い自分を現し、その感情を周りの人たちに伝えていって欲しいと願っています」



──── Luushのベンチマークとなるブランドは何だと思いますか? 他のブランドと比較して、一番違うと思うところを教えてください


「現在では、翡翠をメイン素材として使用するブランド(例:MARSEVEN、L'ELEMENTOなど)もあり、非常に個性的で特徴のあるファッションデザイナーズブランドでもあります。私たちは彼らと似ているけれども、違うところもあります。

第一に、私たちのデザインは、伝統的な宝石そのものから受け継いだイメージと、デザイナー自身が伝えたいエモーションをより多く組み合わせています。


第二に、私たちの素材は翡翠だけでなく、メノウ、トルマリン、ジェイダイトなど伝統的な宝石も使っていおり、より多様化しています。


第三に、サプライチェーンの面では、私たちは20年以上ヒスイ産業に携わってきた中国最大級の伝統的ヒスイブランド「七彩雲南」から技術サポートを受けています。そのため、サプライチェーン、職人の技術、伝統素材に対するリスク耐性などの面で、一部の新興デザイナーブランドよりも優位に立つことができるのです。


これらが、私たちとベンチマークブランドとの最大の違いだと思います」



──── まもなく日本市場向けのアクセサリー製品も発売されますが、日本の皆さんに向けて何か一言お願いします


「Luushのデザイン哲学は、消費者がジュエリーを身につけることで、自分自身を知り、自分なりの力を発揮していくということです。私たちは皆、生活の中で何かしらのストレスを抱えています。だからこそ、自分と対話する方法を見つけることが大切なのです。

私が留学しに行く前に両親からもらった翡翠のアクセサリーには、娘の無事の帰国を祈る気持ちが込められていました。そのジュエリーは、まるで身近に誰かがいるかのように、昼も夜も留学中の私に付き合ってくれました。


ですから、ジュエリーのデザインを通して、この言葉にできない強さと絆をより多くの人に伝えていきたいと考えています。日本の皆さんには、Luushのデザイン哲学と作品を楽しんでもらいたいと思っています」

 

LA PEONIERは、Bellaさんが手掛けたデザイナージュエリーブランド「Luush」の日本正規代理店となりました!シリーズ最初にリリースしたのは、植物をテーマとする「白蘭」「竹」「あずき」3つのラインナップです。Luushの商品にご興味がある方はぜひチェックしてください。今後は、日本の若手クリエイターたちと夢のコラボ企画があるかも? 最新情報はLAPEONIERにて公開していきますのでご期待くださいませ!

Luush 「あずき」ネックレス

Luush 「竹」イヤリングセット

Luush 「白蘭」平安扣(ピンアンコウ)ブレスレット


閲覧数:43回