• ラ・ペオニア編集部

強烈なコントラスト対比と繊細な線画で画面構成!期待の若手イラストレーター・適当緑先生にインタビュー!(ホビーテレパとの新コラボ企画も公開!)


■Profile

ニックネーム:適当緑

SNS:@tekito_midori

出身地:日本

職業:高校生












■Art Gallery


────まずは先生の、簡単な自己紹介をお願いします!


「適当緑です。イラストを描きます」



────適当緑先生のニックネーム「適当緑」には、どういった意味が込められていますか?


「適当につけた名前です。サブ垢みたいなノリで、個人的に一番身近な色に適当という単語をつけました。



────先生の絵を勉強するきっかけを教えてください!


「絵は物心ついた頃から描いていましたが、考え方が変わったのは絵を人にプレゼントしたのがきっかけだったと思います。


喜んでもらったり、記憶に残るほど気に入ってもらえるものを作りたいと思うようになってから、絵で有名な人などを調べはじめました。しかし、ここまでフォロワーが増えるとは思っていませんでした」



────適当緑先生の作品は、大胆のコンテスト対比と繊細な線画表現がとても印象的です。この表現スタイルはどのようにして確立しましたか?

「ありがとうございます。人から褒めてもらった部分は伸ばすようにしているのですが、昔からコントラストや書き込み量を褒められることが多かったので、その影響が大いにあると思います」



────先生の作品には、強烈な感情表現を込められていると評価されています。このような作品創りには、成長経歴など、なにか理由がありますか?


「自分の成長経歴や感情を絵に込めることはあまりしていません。脳が送ってくるこういうの描きたいという欲求に従っています」



────先生はインスピレーションをどのように得ていますか? またアイデア探すために自分から何か行っていることはありますか?


「ひたすら好きなイラストレーターさん、写真家さんやアニメーターさんの作品を見ています」



────今までで一番満足している作品はなんでしょうか?


「個人的には正月に描いた「トラユウレイ」です。雰囲気が好きです」

「トラユウレイ」


────適当緑先生は『スプラトゥーン』の同人作を多数描きましたね!遊ぶ時間はどのぐらい?またこのゲームの一番面白いところはどこだと思いますか?

「スプラトゥーンは初代から遊んでいるのですが、熱がいまだ冷めません。


対戦システムもとてつもなく好きですが、何よりデザインや世界観の作り込みが大好きです。例えば、対戦中のBGMひとつにそれを作った音楽グループがゲーム内で存在しているところにドキドキします。9月に発売するスプラトゥーン3のファンアートなど、また描きたい気持ちがあります」



────好きな音楽ジャンルを教えてください!


「音楽は色々なものが好きなので迷いますが、昔からボーカロイド系は好きで聴き続けています」



────先生の尊敬するクリエイターは? またその理由も教えてください


「絵のことを調べ始めた時期から一目惚れしている、米山舞(@yoneyamai)先生というイラストレーター兼アニメーターさんをずっと推しています。自分じゃまだまだできないような表現を見るのがとても楽しいです」



────先生は将来、創作テーマや表現手法について、何かチャレンジしたいことはありますか?


「アニメーションを入れたMVを作ってみたいとずっと思っています。まだ色々と模索中です」



────先生のオリジナルキャラクターと彼らのストーリー設定について簡単に教えてください。また今後オリジナル作品を手掛けるご予定はありますか?


「この質問を受けて自分の絵を見返したのですが、今まで描いたオリジナルキャラクターは全員表情が情緒不安定な気がします。

「猫耳量産型少女(白)」と「猫耳量産型少女(黒)」


愛着が湧いているので、名前や背景などもつけてみたいです。新作計画については、それに該当するか分からないのですが着せ替えキャラメーカーを自分の絵柄で作ってみたいと思っており、少しずつ進めています」



────先生が過去に手掛けた商業プロジェクトについて教えてください!


「ヴィレッジヴァンガードさんにお声がけいただいて、オリジナルグッズを制作させていただいたことがあります。その時私の絵をメインで使っていただいたプロジェクトは初めてだったので、とても素敵な体験をしました。

『適当緑』×『ヴィレヴァン』


また、ヰ世界情緒さんという方の歌が好きなのですが、その方のカバー動画用イラストという形で携われた事が嬉しかったです。

【歌ってみた】乙女解剖 / covered by ヰ世界情緒


何かのプロジェクトに参加させていただく度、とても楽しく思っています」



────適当緑先生は、自分の作品ビジネス展開について、試みしたい方向性はありますか? どのジャンルの商品化を一番期待していますか?


「個人的に、自分のイラストが立体物になったらすごくいいなと思います。それが叶えられるように、まだまだ精進したいです」



────将来、どのような仕事スタイルを目指していますか?


「今は高校生でまだ将来の展望が見えていません。ですが、いつかフリーランスで生活できるぐらいのイラストレーターになれたらいいなと思っています。そのために、現在は毎日絵を欠かさず描くようにしています。


また、実績を増やせるようにキャラクターデザインやアニメーションなど一枚絵以外のご依頼も引き受けるようにしています」



────最後に、ファンに一言お願いします!


「私にファンという存在がいるのかどうか分からないのですが、もし私の絵のファンになってくれるという方がいるのであれば本当にうれしいです。本当にありがとうございます」

 

★適当緑先生×ホビーテレパ コラボ企画を大公開!!

適当緑先生のオリジナルイラストを起用し、ホビーテレパ運営会社の株式会社ジニヤズよりコラボTシャツ商品化を進めています!商品は日中他、世界同時に発売する予定です。続報をぜひお楽しみにしてください!

閲覧数:67回