top of page

【ラペオニアインタビュー⑲】DOLL FRONTIERにも参加決定!カワイイを量産する魔法のメイク&カスタム「RonshukaCouture」ななみさんにインタビュー!



■Profile


ニックネーム:ななみじゅんこ

ツイッター:@ronronshuka

出身地:日本

ディーラー名:RonshukaCouture











■Photo Gallery



───まずはじめに、簡単な自己紹介をお願いします!


「ななみじゅんこと申します。

主にソフビ系ドールのメイクをやらせていただいております。商業では(株)アゾンインターナショナル様や(株)MIRAI様のスマートドールのマスクメイクをやらせて頂きました。


個人では好きなタイミングでメイクをし、主にヤフーオークションに出品しております。

ウィッグ、お洋服もオリジナルでデザインし販売もしております♪」



───ななみさんがドールと出会い、創作活動を始めたきっかけを教えてください!


「今活動しているソフビドールに出会うきっかけは、娘のおもちゃであるシルバニアやリカちゃんのお洋服をたくさん作ってあげたいと思い、まずは手縫いでやっていた所、もっと大人向けの人形は無いのかな?と調べたところ現在のソフビドールのカスタムに辿り着きました」




───「RonshukaCouture」について教えてください。どのような想いが込めらた名前なのでしょうか?


「活動を始めた頃から一度少し変更をし、ロンシュカの部分だけを残しクチュールを付け加えました。

クチュールはフランス語で一点ものや仕立てると言う意味があり、響きも綺麗でイメージとも合っていたので今も使っています」



───どのようにして素晴らしい表現技術を身につけられたのでしょうか? また表現でこだわっていることや工夫していることなども教えてください


「とにかく始めてからは楽しくてずっとやり続けていました。メイクに関しては1ヶ月で50個体以上メイクをした事もあります。数個やって諦めるのではなく、人の何倍も努力してから考えるようにしています。とにかく場数を踏むことかなと思い、日々何事も数をこなすようにしています。諦めなければ今日より明日、明日より数ヶ月後は今よりも優れた技術が身についているはずです。


なるべく丁寧に仕上げていけるように心がけています、送り出す方は沢山のうちの一人でも、手にとってくれた方にとってはたった一人の大切なドールになるかもしれないので、大切に製作しています。


表現に関しては時代と共にメイクやカラーのイメージが少しずつ変化していくので、その都度アップデートしていけるように努力しています」



───お好きな漫画やアニメ、テレビドラマやアーティストなど、先生の「カワイイ」を作り出す原動力やご自身の嗜好に影響を与えた作品を教えてください


「子供の頃でしたら嗜好の影響として、魔神英雄伝ワタル、魔導王グランゾートなどの芦田監督のシリーズ、世界名作劇場など今よりもゴールデンタイムにアニメが放送されていたので、可愛いキャラクターと冒険しているような気持ちでいつもワクワクしていました。

武内直子先生のセーラームーンもかわいい女の子達が凛とした姿で戦っていて、ドレスのデザインも何もかもが大好きでした。


原動力という意味では、現在ですと鬼滅の刃ですね。原作はすでに完結しておりますので、アニメの放映を追って楽しみにしています。ドールの製作をしているだけでなく、日々生活しているとどうしても心が折れそうになってしまう事も多々ありますが、主人公の炭治郎をはじめ、魅力的なキャラクターたちのセリフに励ましてもらっています!


海外ドラマもよく流しています。日本人とは違った思想や思考がよりポジティブな意識になれるので明るい気持ちになれたり勇気を貰えます」



───ドール界隈でも他ジャンルでも、尊敬するクリエイターさんがおりましたらその方のこと、好きな作品などを教えてください


「たくさんいるのですが、ここはプロの造形師の吉沢光正さんですね。


2000年代初期に包帯の巻かれた山下しゅんやさんのイラストをベースに造形された、綾波レイのフィギュアに心を奪われました。


素晴らしい技術と洗練された美しさ、仕事に向かう姿勢、全てが最高クラスです。

ほんの一時期ではありますがモデリングについてご教示頂いたことがありますが、吉沢さんのクリエイティビティを心の底から尊敬と応援をしております」



───1番のお気に入りの子をよろしければご紹介ください。また、ななみさんはどれくらいの子たちをお迎えされているのでしょうか? お迎えの際にチェックするポイントなどはありますか?


「1番のお気に入りは全員! になってしまうので、こちらはお答えがとっても難しいですね。笑

数がとっても多くて(一つのお部屋では飾りきれないほどです)残念ながら手放してしまう子もおりますが、どの子も大好きですね。



お迎えの際にチェックするポイントは、やはりベースの造形の可愛さ、美しさですね。(好みもありますので一概には言えませんが)原型が全てだと思っているので、原型の時点で心にぐっと来ないドールはお迎えしていないと思います」



───今回、弊社の協賛イベント「DOLL FRONTIER」へのご参加ありがとうございます。

イベントではTinyFoxのドールたちも数多く参加しますが、改めてTinyFoxの子たちについて、コメントをいただけますか?


「Tinyfoxの子たちを触らせていただいてまだ日が浅いですが、リニューアルされた天使ボディタイプが、もっちりしていて優しくて安心感のあるイメージでとても気に入りました。


ヘッドも種類が豊富で、その中でも01-Sが特にお気に入りです!

カスタマイズの可能性を高めてくれる造形なので、これからも楽しみにしています!」



───ありがとうございます。是非こうしたコラボの機会を今後も作っていけたら嬉しいです! ところで「DOLL FRONTIER」以外にも読者の皆様に、ななみさんの今後の活動の告知をぜひお願いします!!


「もともとやっていた40cmドールサイズの活動に加えて、Tinyfoxの子たちでも人気の1/6サイズの展開にも力を入れていきたいなと思っております!

特にウィッグは7インチサイズがまだ手に入りにくい事もあるようで、そちらも充実させていきたいと思っています♪」



───「RonshukaCouture」の今後の展開や、ななみさんが近い将来やりたいことなどありましたら是非教えてください!


「やりたい事はずっと言い続けていてなかなか進まないのですが、オリジナル原型の自分だけのドールを作る事ですね!好みの造形に仕上げて、ソフビドールヘッドとして展開していきたいです。

そのための勉強もしているのですが、日々の忙しさと言うのを言い訳にしてしまいなかなか進んでいないのが現状なので、もっと己を鼓舞してがんばります!笑」


───最後に、ななみさんの人生において「ドールからもらったもの」を教えてください


「今のドールに出会い、たくさんのものを見せていただき、経験をさせてもらい、いろんな方と交流させていただき日々勉強させてもらっています。

お客様が支えてくださるからより活動にも力を注げますし、ドールの活動をする事でより家族の大切さを感じる事もできました。

私にとってはドールも家族そのものですし、人間の家族もお客様も心から大切に思っています。

いつも本当にありがとうございます!」



───ロングインタビューありがとうございました! ファンの皆様にも是非一言お願いします!


「ここまで読んでいただき誠にありがとうございました。


これは可愛いな!! と思ったらそちらの方向に全力で向かう私ですが、今後とも末長くお付き合い頂けましたら幸いです」



 

ラペオニア&TinyFox公式協賛、実物TinyFoxドールやななみさんの作品とも出会える交流会&撮影会「DOLL FRONTIER」が8月27日に開催!!


全国のドールファンの皆様、おまたせしました!!! ぜひ一度かわいいドールたちを直接見てみたいという方に激アツのイベントをご紹介。このイベントでは、TinyFoxを中心としたの可愛いドールたちの愛好家の皆さんが一堂に会し、創作の熱意と人形への深い愛情を共有します。


【イベント詳細】

・名称:DOLL FRONTIER

・日程:2023年8月27日(日曜日)

・場所:町田パリオ4F (東京都町田市森野1丁目15-13) (詳細追加情報は公式ツイッター@lapeonierなどで公開してまいります)



Comments


bottom of page